治療で治る病気

うつ病とは、よく「治らない病気」と思われがちです。確かに、症状が重い場合は、治療にも時間がかかり治すのが困難ではありますが、それでも適切な治療を受ければ、いくらでも克服できる病気でもあるのです。その治療としては、精神的な治療だけではいけません。また、身体的な治療だけでもいけません。その両方をしっかりと受けることで、うつ病は克服できるのです。
うつ病を克服する治療方法には、大きく分けて三つの治療法があげられます。その三つの治療法として、「休養治療」、「投薬治療」、「カウンセリング治療」があげられるのです。

休養治療とは、その名の通り休養することを指します。ケガをした場合や、風邪を引いた場合でも、回復するために休養しますよね?それは、うつ病も同じであり、しっかりと脳と心を休ませることで、回復する見込みも出てくるのです。精神的ストレスを受けてうつ病を発症させるケースは多いですが、身体的ストレス・・・たとえば働き過ぎなどでうつ病を発症してしまうケースも少なくありません。しっかりと休養を取ることで、心と体のエネルギーを補充することができ、克服しやすくなるのではないでしょうか。

投薬治療とは、その名の通り薬を投与して治療することを指します。うつ病の投薬治療で代表的なのは、「抗うつ剤」があげられるのではないでしょうか。抗うつ剤とは、神経伝達物質の分泌をスムーズに行わせるための薬のことを指します。うつ病とは、脳の機能が低下し、神経伝達物質の分泌が乱れてしまうことも原因としてあげられるため、それを正常化する薬を服用することで、克服しやすくなるのです。

また、うつ病治療には「カウンセリング治療」も大切です。うつ病とは、脳の機能が低下することにより感情のコントロールが出来なくなってしまうため、主観的に物事を考えがちになってしまいます。しかし、カウンセリングを通して自分を客観的に見られるようトレーニングすることで、ネガティブになりがちな思考パターンを改善し、うつ病の克服に繋げることができるのです。